2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヨーキー シンのおススメ課題図書~ 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます
よろしければ、保護犬シンのこと、センターのこと、そして
小学生高学年の夏休み課題図書 のこと
知っていただきたいので、よろしかったら応援クリックお願いしますっ

sin0711-3.jpg
シ「シンでふ 最近、これがお気に入りでふ 前髪でおいらのつぶらな瞳が見えにくいでふ」
シン君 と呼ぶと反応して向くようになりました

sin0711-4.jpg
シ「おいらといっしょに保健所にいたビーグルのあの子も、MIXのあの子も
  この本のこの子と同じだよ・・もう  居ないんだ・・・・」

ぴよことちびぴよの夏休みの読書感想文の課題図書を見にいって
山梨県の夏休み推薦図書にこの本を発見しました。

愛媛県動物愛護センターの取材を元にしたノンフィクションです。
漢字にはふりがな。子供達に読んで欲しい本として発行されたことがわかります。
本文中にも、子供がよく出てきます。

犬は 自分で飼い主を選ぶことはできない
自分でごはんを用意することも ひとりで散歩に行くこともできない。


”犬は生き物”
食事もするし、ウンチもすればオシッコもする
・・そんな当たり前のことがわからない人間が 後を絶たない。


本には、カラーで 収容され処分された犬達の最期の写真も
載っていて 現実的でショッキングですが、グロテスクなものではない。
私は自分が読んだ後、ぴよこに渡しました。
読みなさい なんて言ってません。
ぴよこは 夕べから読み始めているようでした。

「犬を幸せにする飼い主」
犬のコントロール・繁殖制限など ぴよこ達に知って欲しいことが
書いてあるから、読んだあと お風呂にはいりながらとか
そういうことについてどう思ったか、話せたらいいな。

この本は主に、センターの現場の職員さんの経験などが書かれています。
現場の声です。

私は 泣かずにそれを読もうと思いながら
結局 無理でした。
それだけ ひとに伝わる内容なのかもしれません。

私は、わんこの保護をしていますが
いかにたすけていけるか、たすけられるか に追われ(なんておこがましいくらいの
ことしかしてないのですが・・)
保護わんこが そもそもなくなるように、という活動にまで
いけてません。
それでも、保護と同じく
クチコミや周囲の人に、こうした本を紹介したり
話したりして 地道に、チャンスがあれば人に伝えることは続けていこうと
思います。

シンのおすすめ じゃなくて、私のおススメでしたね;^^


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/07/11 10:18 ] 卒業わん&過去記事 | TB(0) | CM(2)

早速探してみます

毎日後を絶たない保護犬
みんなが読んでくれるといいですね。
もっともっと沢山の人の力が必要です。
[ 2010/07/12 22:27 ] [ 編集 ]

Re: 早速探してみます

tamaさん
この本は 金の星社出版の「犬たちをおくる日」といいますが
この本の元になった写真集もあるそうです。
サブタイトルが 「この命、灰になるために生まれてきたんじゃない」です。
そうですね。 ホントに 沢山の もっともっとたくさんの人の
いろんなカタチの力が必要ですね。
意識していなかったことを意識すること
それも 大きな力ですね。
[ 2010/07/12 22:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://salann.blog9.fc2.com/tb.php/135-c8df0862










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。